債務整理 質問

よくある質問集

サイゾウ

 

このページでは、借金返済、債務整理、闇金被害など債務の悩みに関するよくある質問を集め、サイゾウの目線で解説しているページです。


よくある質問集記事一覧

このページでは、借金の返済に行き詰まって、給料を差し押さえられたくない!と追い込まれた状態の人に向けて書いています。給料の差押えを止めるカンタンな方法も紹介しているので、チェックしてみてください。差押えはカンタンにはされない給料を差し押さえられたくない!そう思うような場合は、相当追い込まれた心理状態にあると思います。もうこれ以上1円たりとも払えない、というがんじがらめの状態を悟ったか、もしくは、悪...

このページでは、借金整理(債務整理)すると退職金がもらえなくなる?というよくある質問の真相を解説しています。おそらく、良い意味で「えっ!そうなの?」と驚きがあると思います。実は意外にも。借金の整理には、ある程度の痛みを伴うことは薄々分かっているし、特に「債務整理=自己破産」というイメージを強く持っている場合だと、「債務整理すると退職金はもらえなくなる?」と気になってしまうものです。でも、結論から言...

このページでは、裁判所から訴状や支払督促の書類が届いた時、どうしたらいいのか?について解説しています。これを知っておかないとかなりヤバいことになるので、ぜひチェックしてください。裁判所からの書類の重さは1トン級借金の返済が遅れると、業者から支払い督促の電話や書類が届きます。それは別に珍しいことではありませんが、支払いが長期にわたって延滞すると裁判所から書類が届くことがあります。裁判所から書類が届い...

このページでは、債務整理すると賃貸アパートやマンションを借りれなくなる?というよくある質問の解説をしています。衣食住にかかわる重要なことなので、チェックしてみてください。結論から言うと。結論を先に言ってしまうと、債務整理したからといって、賃貸物件を借りれなくなる、ということはありません。もしかしたら、債務整理することで自分の信用にキズがついて、貸し借り全般に影響してしまう!と思ってしまうかもしれま...

このページでは、借金の整理(債務整理)をする際に、知人友人、勤務先など身近な人からの借金を対象外にできるのか?について解説しています。借金整理に成功しやすいタイプかも?借金の整理(債務整理)を考えている時点で、かなり追い込まれた状態のはずです。なのに、「知人や勤務先からの借金を債務整理から外せる?」と考える冷静さがあるところは、サイゾウとしては脱帽という感じです。身近な人に迷惑をかけたくないという...

このページでは、保証人に迷惑をかけることなく借金整理(債務整理)する方法について解説しています。気がかりだった保証人の問題が解決して、借金整理に本腰を入れることができると思うので、チェックしてみてください。まっとうな人だからこその悩み基本的に借金の保証人には、家族かそうでなければそれに近い関係の人がつくのがほとんどです。なので、借金を整理したくても、それをしたら保証人に請求が行ってしまうので、二の...

このページでは、借金整理をする際に、自動車を処分しなくて済む債務整理の方法について解説しています。愛車を守った上で借金問題を解決できる可能性があるのて、ぜひチェックしてみてください。愛車を手放さなくていい?人から見たら「それのどこが良いの?そんなにこだわる理由が分からない!」というものが、誰でもひとつはあると思います。そのひとつが自動車。車を愛してやまない人は少なくないですが、中には彼女と同じかそ...

このページでは、法定内金利の借金で過払金が見込めない、そんな状態でも借金を減らせるのか?任意整理するメリットがあるのか?について解説しています。過払金が見込めなくて借金整理をあきらめている人には、目からウロコ的な情報になると思います。法定金利内、過払金なしだと債務整理は無理?キャッシングやローンの借入金利が利息制限法の範囲内だと、引き直し計算をしても金額が減ることはありません。なので、もちろん過払...

このページでは、ギャンブルで作った借金を債務整理できないというのは本当なのか?減らせられる方法がないのか?について徹底解説しています。今すぐとれる具体的な方法も紹介しているので、ギャンブル借金を何とかしたいと考えている場合はぜひチェックしてみてください。ギャンブルの借金だと救済されないというのはウソ時々「生活苦の借金ならともかく、ギャンブル目的で借りた借金なんて法的に減らせないよ」と言われることが...

このページでは、債務整理手続きの弁護士費用を安くおさえられるルートについて説明しています。代表的な3つのルートの実態を把握できると思うので、ぜひチェックしてみてください。3つのルートで一番安いのは?はじめに、おさらいを兼ねて、債務整理の助っ人をお願いする法律専門家を探すルートを見てみたいと思います。代表的なものとしては下の3つがあります。法テラス民間の法律事務所(へ直接相談)弁護士会の法律相談セン...

このページでは、債務整理の相談先として弁護士会の法律相談センターを考えている人に、サイゾウの視点で良し悪しを紹介しています。民間の法律事務所と迷っている場合は、参考になると思います。ちょっと前置きですが弁護士会が運営いる法律相談センターは、なんとなく安心して相談できそうなイメージがあるのはサイゾウだけでしょうか。というのも、運営が単独の法律事務所ではなく団体であること、そして、名称からして相談に特...

このページでは、利息制限法内で借金減額の見込みがない場合でも有効な任意整理のメリットについて解説しています。利息の払いすぎや過払い金がないと債務整理するメリットはないの?と思っている人には朗報になると思います。はじめに背景を少々本題に入る前に、このページで取り上げているテーマの背景を少し説明します。改めて言うまでもないことですが、債務整理というのは、支払いに行き詰まった状態から脱するための手続きで...

このページでは、債務整理をすることで携帯電話の利用に影響があるのかどうか、その点について解説しています。携帯電話は失った時のダメージがお金の次くらいに大きいアイテムなので、ぜひチェックしておいてください。少々おさらいですが。このページのテーマに深く関係してくることなので、本題に入る前に、債務整理した時の信用情報への影響をおさらいしてみます。このページを読んでいる人はほとんど知っていると思いますが、...

このページでは、借金の総額が100万円に満たない少額であっても、債務整理手続きで借金問題を解決する方法を解説しています。「借金が少ないと債務整理は無理」というウワサに惑わされると損をするので、ぜひチェックしてみてください。たかが100万円でも当事者は地獄の心境数百円、数千万円という多額の借金に苦しんでいる人から見ると、100万円にも満たない人は、債務整理するほどのことでもない!という印象を持つかも...

このページでは、過払い金の時効期限について詳しく解説しています。「過払い金の請求、まだ間に合うのかな?」という不安がスッキリすると思うので、ぜひチェックしてください。過払い金請求には時効がある「過払い金請求がもうすぐ出来なくなる」といった不安をあおるような弁護士事務所や司法書士事務所のテレビCMを見かけたことがある人も多いと思います。刑事事件で時効があるのはよく知られていますが、商取引にも同じよう...

このページでは、債務整理の事実を会社に知られずに、退職金見込額証明書を取得する方法を紹介しています。かなり現実的で実際に利用している人が多い正攻法なので、ぜひチェックしてください。そもそも退職金見込額証明書とは?知っているよ!という人は飛ばしてもらっていいのですが、退職金見込額証明書についてちょっとおさらいしてみます。退職金見込額証明書というは、債務整理の中で個人再生や自己破産手続きをする場合に必...

このページでは、家族に秘密で借金している場合など、家族に知られずに債務整理する方法について解説しています。弁護士などの法律専門家に手続きを依頼することで、バレてしまうリスクが限りなくゼロに近づくことが分かってもらえると思います。10人いれば10人の事情がある借金問題に苦しんでいる人が、「家族に知られずに内緒で債務整理したいんだけど」と発言しているのを聞いたら、たいていの人が「ちょっと内緒は良くない...

このページでは、債務整理で必要になる弁護士費用を後払い(分割払い)できるかどうかについて解説しています。「一括払いは厳しい」という理由で弁護士相談をためらう人には朗報になるので、ぜひチェックしてみてください。結論から言うと。先に結論を言ってしまうと、弁護士費用は後払い(分割払い)することができます。債務整理するほど追い込まれた状態にあるわけなので、弁護士費用を一括で払うほど経済的な余裕があることは...

このページでは、債務整理をすると配偶者に何か影響があるのかどうか?について解説しています。配偶者への影響が心配で債務整理手続きに踏み切れない場合は、そんな心配が解消できると思うのでぜひチェックしてください。配偶者に請求は来ないこれは比較的知られていることですが、債務整理したからといって、配偶者に請求が来るということはありません。債務整理すると、代わりに妻(夫)に借金の請求がされるんじゃないか?と不...

このページでは、債務整理する際に借金の最低額(最低限のライン)があるかどうかについて解説しています。「借金が少なすぎるから債務整理は難しいんじゃない?」とあきらめる必要はありません。任意整理は借金の最低ラインはない借金の金額が少なくても支払いが苦しく、債務整理したい場合、「借金額が少なすぎると、債務整理ってできないんじゃない?」と気になる場合があるかもしれません。そんな時、債務整理の中で比較的手が...

このページの先頭へ戻る