債務整理 賃貸影響

債務整理すると賃貸アパートやマンションを借りれなくなる?

MENU

債務整理、アパートやマンションの賃貸借りれなくなる?

サイゾウ

 

このページでは、債務整理すると賃貸アパートやマンションを借りれなくなる?というよくある質問の解説をしています。

 

衣食住にかかわる重要なことなので、チェックしてみてください。


結論から言うと。

結論を先に言ってしまうと、

債務整理したからといって、賃貸物件を借りれなくなる、ということはありません。

 

もしかしたら、債務整理することで自分の信用にキズがついて、貸し借り全般に影響してしまう!
と思ってしまうかもしれませんが、そんなことはないので大丈夫です。

 

個人信用情報を調べられたりしない!

「なにを根拠に賃貸契約に影響ないと言えるの?」ということになりますが、
アパートやマンションを借りる時に何を見られるか?を考えてみるとよく分かります。

 

不動産屋(家主)が重視するのは、キッチリ家賃を払ってくれる人か?
隣近所に迷惑を与えるような人物ではないか?という点です。

 

そのことを、年齢、職業、独身既婚などの属性や身なりから判断します。
あくまでも申込書類に書かれた内容と面談時のやりとりから人物を推測します。

 

個人信用情報を調べることはないし、もっとハッキリ言うと、
銀行やクレジットカード会社、貸金業者が利用している信用情報に照会する資格はないので、
したくてもできません。

 

アパートやマンションを借りる際の賃貸契約は、お金を借りるわけではありません。
なので、信用情報から債務整理の事実がバレて借りれなくなる、
ということはないので安心してください。

 

賃貸契約に影響する唯一のケース

基本的に賃貸物件を借りることに影響はないのですが、
ひとつだけ注意しておきたい点があります。

 

それは、家賃の支払い方法が、指定クレジットカードに限定されている場合や、
家賃保証会社と立て替え払い契約をしなければならないケースです。

 

クレジットカード会社や保証会社は、審査の中で信用情報機関に照会することがあるので、
マイナス評価されて審査が通らず、希望の物件を借りれないケースがあります。

 

※ちなみに、信用情報に事故記録(ブラックリスト)が載ることで他にどんな影響があるかは、こちらのページで解説しています。

 

賃貸の契約更新も問題ない?

すでに賃貸アパートやマンションに住んでいる状態で債務整理する場合もあると思います。

この場合も、契約更新への影響はありません。

 

家賃の支払いが滞っていなければ、契約更新は可能です。
というか、債務整理したことが家主や不動産屋に知られることはありません。

 

 

以上、債務整理した場合の賃貸契約への影響について説明しましたが、
借金整理にかかわる不安や悩みは尽きないと思います。

 

「気軽に相談できる法律専門家が身近にいればいいのに!」という場合もあると思うので、
そんな時は、無料匿名で弁護士に相談できるサービスを使わない手はないと、
サイゾウは思います。

 

2018/9/25追記

現在、オンライン減額診断サービスのご紹介を中止しています。
ご紹介の準備が整い次第、こちらでご案内します。

 

 

 

関連ページ