借金取り立て止める

借金取り立てを止める、効果絶大な弁護士の1通の通知

MENU

借金取り立てを止める効果絶大な弁護士の通知

サイゾウ

 

このページでは、借金の取り立て・催促で心が悲鳴をあげている人に、精神的な重圧から解放してくれる脅威的な力をもつ弁護士の1通の通知について解説しています。


借金取り立てに悩む人に共通する心理

今、このページを読んでいる人の中には、借金の取り立てや督促で
平穏な生活を送れなくなっている人がいるかもしれません。

 

テレビドラマでもそういったワンシーンがありますが、
実際には、心は悲鳴をあげてギスギスした毎日が続いているものです。

 

借金の返済をできないことに悩む前に、
「業者からの借金の取り立て、督促から解放されたい」
という目の前の問題を何とか解消したいという切実な思いがあるのが普通です。

 

実は、単なる1通の通知なのに、あの業者からのわずらわしい取り立てを
強制的に止められる手段があるので、次で具体的に説明したいと思います。

 

脅威的な威力のある受任通知

それが何かというと、『受任通知』と呼ばれている弁護士(※)から債権者に送られる通知書です。

※司法書士から送られる場合もあります。

 

簡単に言うと、「債務者から相談があったので、今後は私(弁護士)が窓口になりますよ」
という内容の手紙です。

 

たかがそれだけの意味しかない1通の通知ですが、ムチャクチャ強制力があります。
債務者側からすると、水戸黄門の葵の紋どころくらいにインパクトのある通知です。

 

「弁護士先生からの通知だから軽く扱えないよね」というレベルの話ではなく、

受任通知を受け取った債権者は、債務者に直接取り立てをすることが法律で禁止されています。

 

債務整理の方法が決まっていなくても通知は出せる

この受任通知は、今後どんな形で債務整理していくか?が決まっていなくても
出すことができます。

 

任意整理になるか、個人再生になるか、自己破産になるかは、
引き直し計算をし債務額を確定して、戦略をねってからの話になります。

 

とにかく取り立てを今すぐ止めたい場合は。

端的に言ってしまうと、取り立てを止めたかったら、
専門家に相談を持ちかけるだけで、その願いを実現させられるということになります。

 

弁護士や司法書士に相談するメリットはいろいろとありますが、
いちばん最初の段階で実感できる弁護士相談で得られる大きなメリットです。

 

債権者からの取り立てや催促がなくなれば、精神的な重圧から解放され、
今のギスギスした生活を変えられると思います。
少なくとも、電話におびえることはなくなり、夜もぐっすり眠れるようになるはずです。

 

そういう意味でも、早い段階で専門家に相談するのが、
自分を楽にするもっとも簡単で絶大な効果がある方法だと、サイゾウは思っています。