債務整理 結婚影響

結婚を機に借金整理したい、債務整理すると結婚後に影響ある?

MENU

債務整理すると結婚後に何か影響ある?

サイゾウ

 

このページでは、結婚前に借金の債務整理をすると結婚後に影響があるか?について解説しています。

 

結婚を機に借金を整理したい、と思っている場合は、ぜひチェックしてみてください。


結論を言うと。

先に結論から言ってしまうと、基本的に影響はないと思ってもらって大丈夫です。

 

とは言っても、「何を根拠に結婚後に影響がないと言えるの?」
ということになってしまうので、少し具体的に説明したいと思います。

 

戸籍にはキズはつかない?

特に心配症の人の場合、「住民票や戸籍に債務整理の記録が残らないの?」
と不安になるかもしれません。

 

でも、その心配はまったくする必要がありません。
というのも、そういう事実を記録しておく項目はありません。

 

もっと言うと、そもそも債務整理は、借金問題を法的に解決して、
平穏な生活を取り戻すための救済の仕組みです。

 

人を救済するはずなのに、もし戸籍などにその記録が残ってしまったら、
一生キズを背負って生きていく真逆のことになってしまいます。
そういう矛盾はないので大丈夫です。

 

結婚相手の信用はキズつけない!

債務整理を行うと個人信用情報にあなたの事故情報が登録されます。

でも、だからといって結婚相手の信用に影響することはありません。

※自分自身にどんな影響があるかを知りたい場合は、こちらのページをチェックしてください。

 

個人信用情報は配偶者であってもまったく別物として管理されています。

 

例えば、結婚相手がローンを組む場合に、融資会社が、
「配偶者であるあなたの信用を一緒に調べてみよっかな!」
ということは法的に行うことはできません。
保証人という関係がなければ、完全に分断されているので安心してください。

 

結婚後に唯一考えられる影響

ただ、結婚後の生活に影響があるかもしれないことが少しだけあります。

 

上でも説明しましたが、あなた自身は個人信用情報に債務整理の記録が残ります。
5〜7年経てば、その記録は抹消されますが、
その間、借り入れやローンが組めないことで以下の2つの影響が考えられます。

  1. あなたの名義で車のローンや住宅ローンが組めない
  2. 結婚相手が保証人付きの住宅ローンを組もうとする場合に、あなたが保証人にはなれない

 

でも、車のローンは結婚相手の名義で組めば問題は起きないし、
住宅ローンも保証人をつける代わりに保証会社を入れるやり方が主流なので、
こちらも大きな問題ではないかもしれません。

 

サイゾウは罪を犯しました汗

実は、サイゾウは結婚後に学生時代の奨学金返済を持ち越した前科があります。
奨学金と聞くと聞こえはいいですが、借金には変わりありません。

 

支払い時期が来る度に女房のにがい顔を見てきた体験があるので、
結婚前に借金を整理しておきたい気持ちはよく分かります。

 

債務整理することで結婚後に何か影響を及ぼすことは基本的にはありません。
このページが勇気ある決断の一助になれば嬉しいです。