弁護士費用 後払い

弁護士費用って後払い(分割払い)できる?

MENU

弁護士費用って後払い(分割払い)できる?

サイゾウ

 

このページでは、債務整理で必要になる弁護士費用を後払い(分割払い)できるかどうかについて解説しています。

 

「一括払いは厳しい」という理由で弁護士相談をためらう人には朗報になるので、ぜひチェックしてみてください。


結論から言うと。

先に結論を言ってしまうと、弁護士費用は後払い(分割払い)することができます。

 

債務整理するほど追い込まれた状態にあるわけなので、
弁護士費用を一括で払うほど経済的な余裕があることはまずありません。

 

そういう苦しい時に、弁護士費用を後払いや分割払いにできるというのは、
僕ら債務者にとってはとてもありがたい話です。

でも、必ずしもすべての弁護士事務所で融通がきくわけではありません。

 

最近では、昔と違って債務者寄りのサービス重視の弁護士が増えていて、
分割払いに対応する事務所も増えてきているとはいうものの、
未だ古くからの「全額一括払い」の姿勢を変えていない弁護士もいるのが実情です。

 

後払い(分割払い)できる弁護士の探し方

偉そうに言うまでもありませんが、簡単に探す方法は、
シンプルに法律事務所のホームページを確認することです。

 

目印は「分割払い可能」という言葉で、これがホームページ上にあれば間違いありません。
今は、ほとんどの弁護士事務所がホームページを開設しているので、
それを見れば簡単に後払い(分割払い)可能な事務所を見つけられます。

 

また、ホームページ上にハッキリ記載がない事務所でも、電話などで問い合わせると
実際には分割払いを受け付けているという事務所もたくさんあります。

 

なので、「この事務所が気になるけど、分割払いしてるかホームページじゃわからない」
ということであれば、候補から外す前に電話で一度聞いてみた方が良いです。

 

「俺はインターネットなんて利用しないよ!」という人は、
電話帳などで事務所探しをすると思いますが、その場合の探し方も全く同じです。
「分割払い可能」と書いてあれば一目瞭然、記載がなければ電話で問い合わせです。

 

もし、弁護士会の法律相談を利用するなら、
直接担当弁護士に「費用の分割払いはできますか?」とその場で聞くのがベストです。

 

法テラスを利用すると分割払いが可能

弁護士費用を後払い(分割払い)する方法として、法テラスを利用する
という手もあります。

 

法テラスの立替金制度(正式には民事法律扶助制度)を利用すると、
弁護士費用をいったん法テラスが立替払いして、
その立替金額を利用者が月々1万円程度、法テラスに分割返済していくことになります。

 

なので、法テラスを利用して弁護士に依頼する場合は、
弁護士費用は自動的に後払い(分割払い)となります。

 

ただ、法テラスの立替金制度には利用条件があるので、
詳しくはこちらのページで説明しています。

 

過払い金請求はちょっと特殊

債務整理の中でも、過払い金返還請求の手続きは、
弁護士費用支払いの面から見てちょっと特殊です。

 

なぜかというと、過払い金請求手続きにおいては、債権者からお金の回収が見込め、
その回収した過払い金の中から、弁護士費用を支払うことができるからです。

 

通常、他の債務整理の場合には、後払い(分割払い)とは言っても、
手続きが始まると支払いを開始して少しずつ支払っていかなければなりません。

 

これに対し、過払い金請求手続きでは、事件がすべて終了して過払い金が返ってきたとき、
その返ってきた過払い金から弁護士費用全額を支払うことができる場合があります。

 

もちろん、返ってきた金額によるところはあるのですが、こうした理由から
過払い金請求手続きにおいては弁護士費用を完全に後払い制にすることが可能です。

 

ただ、すべての弁護士事務所でこのような完全後払い制を認めているわけではありません。

なので、過払い請求の場合に弁護士費用の完全後払いができるかどうかについても、
費用の分割払いと同様、各弁護士事務所に事前に確認しておくと安心です。