債務整理 携帯電話

債務整理すると携帯電話 使えなくなる?

サイゾウ

 

このページでは、債務整理をすることで携帯電話の利用に影響があるのかどうか、その点について解説しています。

 

携帯電話は失った時のダメージがお金の次くらいに大きいアイテムなので、ぜひチェックしておいてください。


少々おさらいですが。

このページのテーマに深く関係してくることなので、
本題に入る前に、債務整理した時の信用情報への影響をおさらいしてみます。

 

このページを読んでいる人はほとんど知っていると思いますが、
債務整理をすると、それが事故情報として信用情報機関に登録されます。
いわゆるブラックリストに載る、と言われるあのことです。

 

もし、そうなると、ブラックリストに載るとどんな影響がある?
のページでも説明したように、住宅ローンや車のローン、銀行ローンは組めないし、
消費者金融のキャッシングも利用できなくなります。
新たに自分名義のクレジットカードを発行することも不可能です。

 

とにかく、信用がベースになるような契約はことごとく影響を受けてしまいます。
なので、もしかして携帯電話も使えなくなる?と不安になるのは当然の流れです。

 

ひと昔前とは違って、スマートフォンが普及した今の生活では、
お金の次になくてはならないアイテムとも言えるくらいの存在感になっているので、
携帯電話が使えなくなったり、新たに契約できなくなるのは、かなり痛手になります。

 

ましてや、債務整理後5〜7年間くらいは、事故情報は消えずに残っているので、
その間、携帯電話を手にできない生活は、江戸時代で言ったら島流しにされたくらいの
ダメージに匹敵すると言ってもいいかもしれません。

 

ということで、前置きが長くなってしまいましたが、
本題の債務整理すると携帯電話が使えなくなるかどうか?に迫ってみたいと思います。

 

結論を言うと。

先に結論を言ってしまうと、

債務整理したからといって、携帯電話が利用できなくなることはありません。

 

これは、今使っている携帯電話が急に使えなくなることもないし、
新たに契約する場合にも障害になることはないという両方を指しています。

 

携帯電話契約においては、債務整理手続きをとったことが強制解約理由にはなっていないので、
月々の利用料金を支払っている限りは利用を継続することができます。

 

ただ、債務整理するくらいの状況の時には、電話代の支払いも滞納していることがあります。
携帯電話会社は、電話代を滞納するとすぐに電話の利用を止めて、
支払いをしない限り復活させることはできません。

 

でもその問題は、あくまで個別の携帯電話代支払いにまつわる影響だということで、
債務整理によるブラックリスト問題とは無関係です。

 

唯一、影響を受けてしまうケース

唯一、債務整理したことで携帯電話契約に影響するケースがあります。
それは、新規契約や機種変更などで携帯端末本体を分割払い契約にする場合です。

 

実は分割払い契約を行う場合は、ローンと同様に審査があり、
信用情報機関の登録情報が利用されるので、

携帯電話本体の割賦(分割)払い契約の審査に通らない可能性があります。

 

分割払いはローンのようにお金を借りるわけではありませんが、
無担保、保証人なしの信用に裏打ちされた後払いだという点では、
借入れと変わりがないので、そういう扱いを受けることになります。

 

このことは、債務整理した場合のアパートやマンションの賃貸契約
でも同じようなことが言えて、基本的に債務整理の影響をうけませんが、
家賃の支払い方法が指定クレジットカードに限定されている場合や、
家賃保証会社と立て替え払い契約しているような場合は、契約を拒否される場合があります。

 

賃貸契約も携帯電話契約も、お金の支払いに関して長期の信用を求められる場合は、
拒絶されることがあるということを意識しておかないといけません。

 

なお、携帯電話本体の分割払い契約の審査が通らなくても、
一括払いができれば、基本的に新規契約や機種変更がシャットアウトされるわけではないので、
そういう意味では、あまり深刻に考えなくてよいとサイゾウは思います。

 

このページの先頭へ戻る