生活保護 年金の人の債務整理

生活保護や年金だけの人が債務整理したらどうなる?

サイゾウ

 

このページでは、生活保護や年金だけに収入が限られる人が、借金返済に行き詰まって債務整理する場合について解説しています。

 

勘違いしている人が意外と多いテーマなので、ぜひチェックしてみてください。


生活保護費や年金は差押えられる?

そもそも債務整理すると、生活保護費や年金がどうなってしまうか?ということですが、
差し押さえられてもらえなくなる、ということはありません。

 

この点は勘違いしている人が多いのですが、

借金を踏み倒して裁判にかけられようが、生活保護費は差し押えできないし年金も同じです。

なぜなら、どちらも社会的弱者の生活を保護するためのものだからです。

 

法的に守られているので、もし、生活保護や年金がもらえなくなるから借金整理できない!
と思っているとしたら、その心配は不要です。

 

失うものがない人は強い

生活保護を受けていたり、年金収入だけで、借金を返済するあてもないけれども、
かといって自己破産するにも弁護士に払うお金もない。
仮にあったとしても、もったいない!という人もいると思います。

 

ましてや、生活保護費や年金は差し押さえされることがないことを知ったら、
ますます債務整理しようという気持ちは薄らいでしまいます。

 

財産もない、高価な貴金属もない、失うものがない場合は、
理論上、債務を放置しておいても、業者側としては差し押さえるものがないわけなので、
手の出しようがないということもいえます。

 

ただ、だからといって、借金を放置しておくと後々後悔することになるとサイゾウは思います。

 

失うものがないなら今が借金整理の時

払えない借金をそのままにしておくと、
当然ですが、利息や遅延損害金はどんどん加算されていきます。
恐ろしいもので、その状態が2〜3年も続けば、債務は倍の金額になります。

 

「オレは一生返済する気がないね」という場合は、(事の良し悪しは別にして)
債務総額がどんなにふくれあがってもかまわない、とも言えます。

 

でも、今は気にならなくても、ずっとその状態で幸せを感じるかというと、
ほとんどの人はそうではないと思います。

いずれは再起して人生をやり直したい、と思う時が必ず来るはずです。

 

その時にあまりにも債務が大きくなりすぎていたら、困るのは自分自身です。

 

生活保護費や年金は差し押さえされないと説明しましたが、
そうだとすれば、失うものはないと思います。

 

失うものがないのであればなおさら、これ以上支払いできない!と自覚した時点で
借金整理を考えるのが、後々の幸せにつながるとサイゾウは思います。

 

もし、何をしたらよいか分からない、ということであれば、
法律専門家の無料相談を利用するのが、ハードルが低くてすぐできることだと思います。

 

匿名無料で法律専門家に借金相談できるサービス

匿名無料で法律事務所に借金相談ができるのが、借金解決ゼミナールの減額診断サービスです。(※借金解決ゼミナールはサービス名で、法律事務所ではありません)


4つの質問に答えることで、全国の法律事務所から自分に合う身近な専門家を選んでくれ、その事務所が診断結果として、自分の状況に合わせた借金解決方法や借金をいくら減らせられるかを具体的に答えてくれます。


実は毎月2万人もの利用者がいるサービスで、「専門家に相談したことはないし、正直いきなり相談するのは不安で怖い!」という人に、かなり頼られている存在です。


もしかしたら怪しいと思うかもしれませんが、その点は大丈夫です。Brothers株式会社という会社が全国の法律事務所と提携して運営しているサービスで、氏名や住所を伏せたままで相談できるので、慎重な人でも安心して利用できます。


一度相談したら依頼しないといけなくなるということはなく、利用後にしつこい営業はもちろんありません。もちろん守秘義務があるので相談内容・個人情報も守られます。


借金減額診断サイトへアクセスすると、1つめの質問がすぐ表示されるのでそっけないですが、余計な広告がなくすぐQ&Aに入る無駄のなさは、サイゾウ的には好感が持てます。ざっくばらんに相談すれば、何か糸口が見つかると思います。


借金がいくら減るのか知らなければ何も始まりません。まず一歩を踏み出そう!


利用の流れを確認する


このページの先頭へ戻る